子供が不安になっても「大丈夫」だと、余裕を持って声を掛けましょう。

MENU

小学入学までの準備

小学校に入学すると、幼稚園や保育園とは違った環境になる為、親も色々心配になってしまうものです。
小学校に入学するまでに準備する事とはどのような事があるのでしょうか?

 

小学校入学

 

通学路を確認する

幼稚園や保育園の場合、通園バスや親の送迎がありましたが、小学校は子供だけで学校に行かなくてはなりません。
小学校に入学する前に子供の通学路を子供と一緒に確認しておきましょう。
その際、車に気をつけるべき場所や人通りのあまり無い場所などを確認しましょう。
また、防犯ブザーを購入してランドセルにつけておいたり、緊急時に助けを求められる場所や知らない人についていかない事を前もって子供と話し合っておきましょう。
子供が一人でもきちんと登下校できるように、親が先導せずに子供だけで通学路を歩けるようにしておく必要があります。
小学校入学時には子供が迷子になってしまうケースが多々あるので、子供が小学校入学前に通学路をきちんと把握できるようにしましょう。

 

早寝早起きの習慣をつける

特に幼稚園に通っていたお子さんは、登園時間よりも1時間ほど登校時間が早くなる事がほとんどだと思います。
また、通学にかかる時間もあるので、幼稚園時代よりも早い時間におうちを出なくてはいけなくなります。
そのため、朝早くおきて自分の身支度を整え、学校に行けるようにしなくてはいけません。
小学校に入る前に通学時間に間に合うような時間に起床し、自分で身支度を整えられるようにしましょう。
小学校では体育の時間に自分で身支度を整える必要があるので、自分で着替えをできるようになっておく必要もあります。

 

すぐにできなくても大丈夫

「あの子はもうこんなことができるのにうちの子は全然できない・・・」と思って落ち込んでしまう親御さんもたくさん居ますが、心配しなくても子供は徐々に色々な事が出来るようになります。
不安になってせかす事ばかりせずに、子供が不安になっても「大丈夫」だと余裕を持って声をかけられるようになりましょう。